今すぐ30万必要なら大手消費者金融のカードローンしかダメな訳

今 すぐ 30 万 必要,今すぐ,30万,必要

今すぐ30万必要に。
でも、そんなお金はない。

 

しかし、こんなチャンスはもう一生ないかも知れない。
この機会を逃すと絶対後悔することになる。
今 すぐ お金 借り たい

 

当時、そう考えた私は、消費者金融のカードローンで30万円を借りました。
今思えば、あの時、借金してでもやると決断して本当に良かったです。

 

清水の舞台から飛び降りるような気持ちで振り込んだ30万円でしたが、一生もののスキルとして身に付いて返ってきました。
その時借りた30万円は、2ヶ月で元が取れて、すぐに返済することができました。

 

 

 

今すぐ30万必要という緊急時には、大手消費者金融のカードローンを利用するのがベストな選択です。
むしろ大手消費者金融のカードローンを利用する以外に手はありません。


世の中にお金を借りる方法はいろいろありますが、なぜ大手消費者金融のカードローンしかダメなのか?
このページでは、今すぐ30万必要なら大手消費者金融のカードローンしかダメな訳を説明します。

 

 

消費者金融のカードローンには、担保や保証人は必要ないの?


といった基本的な質問から、

 

カードローンには銀行がやっているものもあるけれど、銀行系カードローンではダメなの?


といった疑問にすべてお答えします。

 

消費者金融のカードローンに関する疑問がすべて解消できれば、消費者金融のカードローンでお金を借りることに対する不安もなくなりますよね?
そうすれば、今すぐ必要な30万も安心して借りていただけます。

 

 

ぜひ最後まで読んで、消費者金融のカードローンに対する懸念を解消し、一刻も早く申込みの手続きをはじめましょう。


 

 

今すぐ30万必要ならこちらのサービス

まずはじめに、今すぐ30万必要なら選択すべき大手消費者金融のキャッシングサービスをふたつご紹介します。
どちらもSMBCグループの会社なので安心してお金を借りることができます。

30日間無利息サービスなら【プロミス】

プロミス

金利 4.5%〜17.8%
借入限度額 500万円
最短30分審査完了
最短60分融資可能

プロミスでの借入れが初めてなら、30日間無利息 ※1

 

プロミス

 

会社にバレたくないなら【SMBCモビット】

SMBCモビット

金利 3.0%〜18.0%
借入限度額 800万円
最短30分審査完了
即日融資可能 ※2

「WEB完結申込み」なら、在籍確認の電話なし ※3

 

SMBCモビット

 

※1 メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要
※2 申込の曜日・時間帯によって翌日以降取扱いの場合あり
※3 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座があり、全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)か、組合保険証の方対象

 

 

消費者金融のカードローンには、担保や保証人は必要ないの?

お金を借りる時には、担保や連帯保証人の提出を求められるのが普通です。
貸す側にしてみれば、見ず知らずの他人にお金を渡すわけですから、何らかの保証を求めるのは当然のことです。

 

しかし、誰もが簡単に担保や保証人を準備出来れば良いですが、大抵の人は、担保になるようなもの(土地や建物など)を持っていませんし、連帯保証人もすぐには用意できません。そんな方たちのために、保証会社が代わりに保証してお金を貸してくれるシステムが、カードローンです。

 

なので、カードローンでお金を借りる時には、担保も連帯保証人も不要です。

 

 

もし保証人が必要だとしたら、連帯保証人になってくれる人を探すのは、相当大変そうですよね。
万が一何かあった時は、その人に迷惑をかけてしまうことになるので、気を遣います。

 

逆に連帯保証人になってくれるよう頼まれたとしたら、絶対に断りますよね。
結局、親か親戚くらいに頭を下げてお願いするしかありません。

 

その点、カードローンなら担保も保証人もいらないので、気が楽です。

 

 

消費者金融のカードローンには、担保や保証人はいりません。


 

銀行系カードローンではダメなの?

担保や保証人が不要のカードローンは、消費者金融だけでなく、銀行や信用金庫、信用組合、ネット銀行や各地方銀行、それに信販会社も取り扱っています。

 

ネット銀行や各地方銀行を含む、銀行には、『銀行法』が適用されます。
信用金庫は、『信用金庫法』。信用組合は、『中小企業協同組合法』
消費者金融や信販会社には、『貸金業法』が適用されます。

 

それぞれ別々の異なったルールで運営されているということになります。
そのなかで、カードローンを新規で申し込んで、即日の融資に対応しているのは、消費者金融のカードローンだけです。

 

 

今すぐ30万必要だって時に頼れるのは、消費者金融のカードローンだけなんです。
それも大手消費者金融のカードローンに限られます。


 

消費者金融でお金を借りるよりも、銀行でお金を借りる方が、なんとなく安心感がありますが、銀行のカードローンは即日融資に対応していません。
反社会的勢力との関わりが無いかを確認するために、警察庁の暴力団情報データベースにすべて照会をかけるため、どうしても審査に時間がかかってしまうからです。

 

 

これでは、今すぐ30万必要だって時に頼りになりませんよね。
今すぐ30万必要なら、銀行系カードローンではダメなんです。


 

消費者金融カードローンの利子の計算方法は?

消費者金融カードローンの利子は、次の公式で計算できます。

利子=借入額×金利/100÷年の日数×日数

30万円を1年借りた場合の利子は、
30万円×17.8%/100=53,400円 です。

 

これを、今年は閏年(うるうどし)なので366日で割ると、1日当たりの利子が出ます。

 

30万円を借りた時の1日当たりの利子は、
53,400円÷366日=145.90円 です。

 

30万円を1ヶ月借りた場合の利子は、ひと月を31日で計算すると、
145.90円×31日=4,522円 になります。

 

<30万円借りた場合の利子の計算表>

借りた日数 利子の金額
1日

145.9円

10日

1,459円

30日(約1ヶ月)

4,377円

60日(約2ヶ月)

8,754円

90日(約3ヶ月)

13,131円

180日(約半年)

26,262円

366日(1年)

53,400円

 

この表では、元本の30万円を返済せずに、ずっと借り続けた場合の利子が計算されています。
実際は、毎月の返済により、その都度元本が減っていくので、その分この表の利子の金額より少なくなっていきます。

 

 

詳しくは、各公式サイトで「返済シミュレーション」できるので、お試しください。


 

カードローンの借入限度額とは?

カードローンの借入限度額とは、いくらまでお金を借りられるかを決めた借入れ可能枠の上限金額のことです。
カードローンは一度契約してしまえば、いつでも好きな時に何度でも、借入限度額までお金を借りることができます。

 

限度額までなら、借りて返してを何度繰り返してもかまいません。
限度額まで目いっぱい借りてもいいし、まったく借りなくても問題はありません。

 

カードローンを契約すると、すぐに借入れを開始しないといけないと誤解されている方がおられます。
契約してもすぐに借入れをする必要はなく、借入れしていない時は、もちろん金利は発生しません。

 

 

「カードローンの契約」=「借入れ可能枠を確保すること」というような意味合いで捉えればいいのではないでしょうか。
カードローンの契約と、実際の借入れは別物です。
カードローンに契約したからと言って、必ず借入れを行わないといけないわけではありません。


 

カードローンの借入限度額は、なるべく多くしておく方がいいです。
単にたくさんお金が借りられるからという理由だけでなく、限度額が多ければ多いほど、金利が下がるからです。

 

<借入限度額に対して適用される金利の例>

借入限度額 適用金利
1万円〜99万円

7.7%〜18.0%

100万円〜300万円

7.7%〜15.0%

301万円〜500万円

4.7%〜7.7%

501万円〜800万円

3.0%〜4.7%

※こちらの表はある消費者金融カードローンの適応金利を参考に作成したものになります。すべての消費者金融カードローンがこの表の通りに適用されるわけではありませんので、ご注意ください。

 

 

このように借入限度額が多くなるにつれて、適用される金利は低くなっていきます。
同じ30万円を借りた場合でも、借入限度額が10万円の人と、借入限度額300万円の人とでは、適用される金利が違うので、支払う利子の額が変わってくるということです。


 

 

ただし、いくら限度額が多い方が良いと言っても、カードローンを申請する際には注意が必要です。
それは、総量規制があるからです。

 

<総量規制>とは、年収の3分の1以上の貸し付けを行ってはいけないという「貸金業法」に定められた規制です。
利用者の借り過ぎを防ぐために決められた規制ですが、時には利用者の足かせとなってしまうこともあります。

 

この総量規制があるので、限度額が多い方が良いからと言って、適当に高額の借入希望額を書いて申請すると、審査に通らなくなります。

 

 

今すぐ30万円必要だという場合、はじめは欲張らず、借入希望額は、50万円にして申込みをしましょう。
50万円以上になると、収入証明書類も必要になってしまいますし、審査落ちする可能性も高まります。


 

何度か借入れ、返済を繰り返して、信用を上げてから、借入限度額の引上げを行うようにしましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?
消費者金融のカードローンに対する懸念は解消されましたでしょうか?

 

当時の私のように、今すぐ30万必要って状況になった時、あなたならどうされますか?
無理だと思って諦めてしまいますか?

 

後悔先に立たずです。
後悔しないようチャンスをものにしましょう。

 

消費者金融のカードローンでお金を借りることに対する不安も払拭できたと思います。
すぐに申込み手続きを始めましょう。

 

今すぐ30万必要ならこちらのサービス